【レシピ】万能わさび肉味噌ソースの作り方

2021.03.16

KEY WORD関連キーワード

一度まとめて作っておけば、単品でも美味しく。
かけたり、和えたり、色々な料理にアレンジも出来る「万能ソース」をご紹介します。
冷蔵庫に常備しておくと、とても便利です。

「万能わさび肉味噌ソース」をつくろう(調理時間:15分)

材料(4人前

合挽き肉        :200g
玉ねぎ      :1/2個
わさびオイル   :5g
A甜麺醤         :大さじ3
A味噌          :大さじ
A砂糖                          :大さじ1
Aみりん                      :大さじ2
A酒                              :40cc

作り方
【1】玉ねぎをみじん切りにする

【2】油を敷いて肉を炒め、肉汁が透明になってきたら切った玉ねぎを入れて炒める。

【3】玉ねぎが透明になったらAの調味料を全て入れて炒める

【4】火を止めてからわさびオイルを入れ、混ぜ合わせて完成

ワンポイント
ワサビの辛味成分は気発しやすいので必ず火を止めてから入れる

ここからはこの「万能わさび肉味噌ソース」を使ったアレンジメニューを2つご紹介したいと思います。

「わさび肉味噌とキノコの炒め物」をつくろう(調理時間:15分)

材料(2人前)

エリンギ     :2本
しめじ      :1/2株
レタス      :4枚
わさび肉味噌   :大さじ3
油(お好み)     :少々

作り方
【1】しめじのいしづきを外しバラバラにする。エリンギは半分の長さに切り、薄切りにする。

【2】レタスは適当な大きさに手でちぎる

【3】フライパンに油をひいてエリンギ、しめじを炒めて焼き色がついたらわさび肉味噌を入れ炒め合わせる

【4】炒め合わさったら火を止めてレタスをざっくり合わせて完成
レタスに巻いて食べても美味しい。

ワンポイント
レタスは食感を楽しみたいので火を通さないこと

 

「わさび肉味噌チャーハン」をつくろう(調理時間:15分)

材料(2人前)

お米(冷やご飯)     :150g
小ねぎ           :1/2束
卵             :2個
中華スープペースト           :3g
黒胡椒                                 :少々
わさび肉味噌        :大さじ2

作り方
【1】小ねぎを小口切りにする。

【2】卵と冷やご飯を混ぜ合わせる

【3】フライパンに油をひいて2を炒める。ご飯がパラパラになってきたら、わさび肉味噌と中華ペーストを入れて全体に行き渡らせるように炒める

【4】小ねぎをいれてざっくり炒め合わせて上から胡椒を振って完成

ワンポイント
ご飯と卵を混ぜてから炒めると失敗せずにパラパラに出来ます。

 まとめ

わさび肉味噌を作るのに使用した「わさびオイル」についてご紹介します。

 

鳥取県の西河商店「山葵油」

大山から流れる清流の中で栽培される、倉吉市関金町特産のわさび。

わさびの生育には絶えず澄み切った冷たい水の流れが必要ですが、関金は美味しいわさびを生育する条件が整っており、西日本最大級のわさび田が広がっています。

そんな自然の恵みをいっぱいに受けて育ったわさびを使っているのが、西河商店さんの、わさびオイル。
関金のわさびを、美肌効果のある米油に漬け込んだ調味料です。

毎日のお食事に1~2滴たらすだけで、わさび本来の香り・辛味を手軽に楽しむことが出来ます。

ローストビーフに添えるほか、カルパッチョやサラダのドレッシングとしても◎
チーズやアボカドにたらして、簡単おつまみとしても!

今回は肉味噌にアレンジで使用してみましたが、アレンジ次第で楽しみ方が広がる調味料です。

この記事の著者のプロフィール

夫婦ユニット「てとてと」

「てとてと」とは料理人の井上豪希とライフスタイルデザイナーの井上桃子による、食にまつわる様々な活動をする夫婦ユニットです。紹介&予約制の食事会「てとてと食堂」や料理教室の運営、企業へのレシピ提供、商品開発、ブランディングなども手がけています。

こんな記事も読まれています