料理を手軽に介護食にできる「デリソフター」が生み出す未来(後編)

2021.02.02

KEY WORD関連キーワード

「デリソフター」はパナソニックの中から2019年4月に誕生したスタートアップ企業、ギフモ株式会社が開発した嚥下調整食調理機器です。72本の刃を持つデリカッターで食材を細断し、デリソフターで圧力調理することで、歯がなくてもそしゃくできるような柔らかい食事を作れるとのこと。後編の今回は、デリソフターの開発に至った経緯や狙いなどについて紹介していきたいと思います。

 

ギフモ株式会社は代表取締役の森實将氏と3人の社員を加えた総勢4人の企業ですが、その社員の1人が父親の介護をした際に「お父さんが食べたいものを食べさせてあげられない、お父さんが食べたいもの我慢している」と感じた経験からこの事業が誕生したそうです。

 

「その体験から、どういったことが大切なのかを振り返ってみると、食べる喜びは生きる喜びということです。食べる喜びは『何を食べるか』、『誰とどう食べるか』が重要です。食べ物そのもののおいしさだけでなく、一緒に食べて人生の一部を共有する時間の豊かさが、人間らしい食べる喜びを感じることができると考えています」(森實氏)

 


「食べる喜び=生きる喜び」だとギフモ株式会社 代表取締役の森實将氏は語ります

 

加齢によって目が悪くなったり、耳が遠くなったりすることは多いですが、それをサポートするメガネや補聴器などは一般的に普及していますが、それに対して加齢によって「食べる」ことに対する機能低下をサポートするものがないというのが課題でした。

 

「病院に入院し、退院して帰宅するときに、病院から『食べやすいものを食べさせてください』と言われますが、そこで家電量販店に行ってミキサーを買うのか、スーパーマーケットに行ってレトルト介護食を買うのか。まだまだこの点で課題があると感じました。1980年代頃からこういった課題が顕在化し始めており、医療福祉専門職を中心に非常に熱心に取り組まれている分野でもあります」(森實氏)

 

実際にギフモのメンバーがいろいろな現場に足を運んで話を聞いたところ、加齢や障害で食の困りごとを抱える方々は多く、「施設や病院にいる方、自宅にいる方、食べる側も作る側同じ悩みを持っていました」と森實氏は語ります。

 


加齢や障害による食の困りごと

 

「食べる側は家族と同じ食事を取りたい。思い出の味。家庭料理の味をもう一度食べたいという思いを持っています。作る側も食べる人に喜んでもらいたい、介護食と普通のご飯の二つを作る手間を削減したい。両方、困りごとを持っていました。我々はパナソニック出身なので、この課題に対してお弁当やフードサービスではなく、調理家電で解決しようと考えました」(森實氏)

 

そこで打ち出したコンセプトが「こういった困りごとを抱える方々にそっと寄り添ってケアする『ケアカデン』です」(森實氏)とのことです。

 


人々の困りごとに寄り添ってケアする

「ケアカデン」の第1弾としてデリソフターが誕生しました

 

「食べる喜びは生きる喜びです。デリソフターによって『誰とどう食べるか』という、人生の一部を共感するところを実現できると考えております。『見る』ためのメガネ、『聞く』ための補聴器、そして『食べる』。2020年にデリソフターが登場したことで、この日本、そして世界が高齢化社会が進んでいく新しい世界に向かう中で、『食べる』ことに対するイノベーションが起きた……そしてこれから起きていくと感じております」(森實氏)

 

筆者は摂食嚥下障害になったことはありませんが、口内炎ができただけでも、歯が痛いだけでも、せっかくの食事が楽しくなくなってしまうのは実感しています。病気や高齢化でうまく食事をかめないことになっただけでもつらいのに、家族に自分たちとは別の食事を作らせなければならないという負い目を感じることもつらいことでしょう。デリソフターは食材をカットして圧力調理をするという手間はかかるものの、それだけで家族みんなが同じ見た目、ほぼ同じ味の食事を取れるようになるというのは画期的なのではないかと感じました。

 

家族を介護していて、日々の食事に困っている方にはぴったりなのかもしれません。

この記事の著者のプロフィール

安蔵靖志

Techジャーナリスト

一般財団法人家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout 家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

こんな記事も読まれています