【レシピ】万能ごまソース

2021.02.25

KEY WORD関連キーワード

一度まとめて作っておけば、単品でも美味しく。
かけたり、和えたり、色々な料理にアレンジも出来る「万能ソース」をご紹介します。
冷蔵庫に常備しておくと、とても便利です。

昔から独特の香ばしい香りで日本人に親しまれてきたごま。そんなごまを使ったコクとうまみたっぷりの香ばしい香りの万能ソースと、アレンジレシピを紹介します。

 

「万能ごまソース」をつくろう(調理時間:5分)

材料(4人前)

練りごま: 60g
白ごま:  大さじ2
黒酢:   小さじ1
塩:    小さじ1
砂糖:   大さじ1
ごま油:  大さじ4
ニンニク: 1片

 

作り方

【1】ニンニクの香りを引き出す

ニンニクは包丁の腹で潰しておく。(荒く乱切りでも良い)

フライパンに、ニンニクとごま油を入れて、弱火でじっくり香りを引き出す。ニンニクに焼き色がついてきたら、取り出す。

 

【2】全ての材料を混ぜる

❶と残りの材料を全て合わせて、よく混ぜ合わせる。

 

【3】保存容器に移す。

清潔な保存容器に移して、完成。

 

「ミョウガのごま和え」をつくろう(調理時間:5分)

材料(2人前)

万能ごまソース:大さじ2
ミョウガ :4個
生姜   :1/4個
万能ネギ :1/5束
青のり  :少々

 

作り方

【1】材料を切る

ミョウガと生姜は千切りにする。
万能ネギは小口切りにする。

 

【2】万能ごまソースを和える

❶と万能ごまソースを和える。

 

【3】器に盛り付ける

小鉢に高さが出るように盛り付ける。
最後に青のりを振りかけて、完成。

 

 

「ごまチャプチェ」をつくろう(調理時間:15分)

材料(2人前)

春雨 :50g
ニラ :1/2束
玉ねぎ:1/2個
人参 :1/3本
もやし:1袋
豚挽肉:100g
A 醤油 :小さじ1
A 豆板醤:小さじ1
A 砂糖 :大さじ1
A 中華スープペースト:小さじ1/2
A 万能ごまソース  :大さじ3
ごま油 :大さじ1/2
糸唐辛子:お好みで

 

作り方

【1】材料を準備する。

ニラは5cm幅に切る。
生ネギは、薄切りにする。
人参は千切りにする。
春雨は水に漬けて戻しておく。

 

【2】材料を炒め合わせる

熱したフライパンにごま油をひいて、豚挽肉を炒める。全体に色が変わったら、玉ねぎと人参を加えて玉ねぎに焼き色がつくまで炒め、もやし、ニラ、春雨を加えて炒め合わせる。

 

【3】調味料を加える

全体に油が回ったら、Aを加えて炒め合わせる。

 

【4】器に盛り付ける

器に高さが出るように盛り付けて、糸唐辛子を飾る。

 

 

ごまの豆知識

ごまの種類は、種子の外皮の色によって、白・黒・金の大きく3種類に分けられます。それそれの特徴や栄養成分などご紹介します。

 

【ごまの栄養成分】

白・黒・金で若干含まれる量の違いはあっても栄養成分はほとんど同じです。

成分の約50%は脂質で、次に約20%がたんぱく質、約20%弱が炭水化物です。

 

【白ごまの特性】

温帯や亜熱帯地域で栽培され、アフリカや東南アジアなど、世界各地で生産されています。

黒ごまと比べると脂質が若干多く、ごま油の原料としても使われています。日本での生産量も白ごまが1位。西日本では白ごまが好まれています。

 

【黒ごまの特性】

白ごまのように世界中で生産されているわけではなく、中国や東南アジアがおもな産地です。

種皮の黒い色にはブルーベリーと同じ、アントシアニンというポリフェノール色素や不溶性食物繊維の一種であるリグニンが含まれています。

また、種皮の割合が多く、そのぶんカルシウムなどが多く含まれているとされますが、皮が堅いので、すって食べるのが一般的です。

 

【金ごまの特性】

「黄ごま」「茶ごま」などと呼ばれることもあります。白や黒と比べると脂質が高く、コクのある味わいです。香りも他より抜きでて高く、そのぶん値段も高価です。

懐石料理などで使われる事が多く、近年では日本国内での栽培も増えてきています。

 

 

ごまは「食べる丸薬」と言われるくらいすぐれた栄養食品です。ぜひ、日常の食事にとりいれてみてください。

この記事の著者のプロフィール

夫婦ユニット「てとてと」

「てとてと」とは料理人の井上豪希とライフスタイルデザイナーの井上桃子による、食にまつわる様々な活動をする夫婦ユニットです。紹介&予約制の食事会「てとてと食堂」や料理教室の運営、企業へのレシピ提供、商品開発、ブランディングなども手がけています。

こんな記事も読まれています