【レシピ】干し海老のソース

2021.01.04

KEY WORD関連キーワード

一度まとめて作っておけば、単品でも美味しく。
かけたり、和えたり、色々な料理にアレンジも出来る「万能ソース」をご紹介します。
冷蔵庫に常備しておくと、とても便利です。

漁期に大量に獲れる桜海老は、干し海老に加工されます。こうしておくと通年楽しめるというわけです。今回は干し桜海老を使って、旨味と独特の香りを生かした香り高い万能ソースと、アレンジレシピを紹介します。

 

「万能干し海老ソース」をつくろう(調理時間:20分)

材料(4人前)

干し桜海老 :35g
酒     :50cc
玉ねぎ   :1/2個
生姜    :10g
鰹節    :2g(小袋1袋)
サラダ油  :大さじ2
A白醤油   :大さじ3
Aみりん   :大さじ3
A黒酢    :小さじ2
A砂糖    :小さじ1

作り方

【1】干し桜海老をもどす。

酒に干し桜海老を漬けて15分ほどおいて、もどす。

 

【2】玉ねぎと生姜はみじんぎりにする。

玉ねぎと生姜をみじん切りにする。この後炒めるので、多少粗くても大丈夫。

 

【3】材料を炒める。

熱したフライパンに油をひいて、②の材料を炒める。

玉ねぎが透明になってきたら、①をとAを加えて、沸騰させて火を止め、鰹節を加えて全体に馴染ませる。

 

【4】保存容器に移す

粗熱を取ったら、蓋付きの保存容器に入れる。

 

「カブと干し海老の和物」をつくろう(調理時間:20分)

材料(4人前)

万能干し桜海老ソース :大さじ1
カブ    :4個
塩     :小さじ1/2
マヨネーズ :大さじ3

作り方

【1】カブを切って、塩揉みする。

カブは皮を剥いて、8等分にくし切りにして、塩揉みして15分ほどおいておく。しんなりしてきたら、よく絞っておく。

 

【2】材料を和える。

①と他の材料をよく和える。

 

 

「豚と干し海老の炒め物」をつくろう(調理時間:15分)

材料(2人前)

万能干し桜海老ソース :大さじ2
豚バラ薄切り  :150g個
ピーマン    :1個
ミニトマト   :4個
サラダ油    :大さじ1

作り方

【1】材料を切る。

豚バラ肉は適当な大きさに切っておく。
ピーマンはタネを外して、一口大に切っておく。
ミニトマトは、半分に切っておく。

 

【2】炒め合わせる。

熱したフライパンに油をひいて、豚バラから炒め始める。

焼き色がついたら、ピーマン、ミニトマトを加えて炒め合わせ、全体に油が回ったら、万能桜海老ソースを加えて、絡めるように炒め合わせる。

 

 

豆知識

栄養について

桜海老には色々な栄養素が含まれています。カルシウム・タンパク質・グルタミン酸に加え、タウリン、DHAが豊富に含まれています。

見た目がピンク色で美しいだけでなく、食べてもとても美味しいものです。

全国的には干し桜海老としてお好み焼きやチャーハンの具材・海老煎餅などに入っているのをよく見ますが、地元では生食したり釜揚げの状態のものを食べたりするほか、かき揚げにして楽しむことも多いです。

生食する際、桜海老のひげが口に残るのが難点でしたが、最近はひげを取り除く技術が出来たようで、あまり気にならなくなりました。ちなみに取り除いたひげは海老煎に入るそうです。

 

旬について

桜海老の漁期は春と秋の年2回あるのですが、春と秋の桜海老には少し違いがあります。

秋の桜海老は産卵後間もないため、形は小さく殻が柔らかいものが多く干し海老にしたときの色は少し白っぽくなります。

それに対して春の桜海老は形が大きく綺麗な色が出るが、殻が少し硬めになります。

どちらの桜海老もそれぞれ魅力はありますが、大きさや発色の良さから考えると、桜の咲く春の桜海老の方がより海老として旬なのかなと思います。

 

こうやって、旬の食材を日々の料理に取り入れながら、桜海老の豆知識を誰かと共有してみてください。

いつもの食卓が、ちょっと盛り上がるかもしれませんよ。

 

この記事の著者のプロフィール

夫婦ユニット「てとてと」

「てとてと」とは料理人の井上豪希とライフスタイルデザイナーの井上桃子による、食にまつわる様々な活動をする夫婦ユニットです。紹介&予約制の食事会「てとてと食堂」や料理教室の運営、企業へのレシピ提供、商品開発、ブランディングなども手がけています。

こんな記事も読まれています