【レシピ】万能きのこソースの作り方

2020.11.25

KEY WORD関連キーワード

一度まとめて作っておけば、単品でも美味しく。
かけたり、和えたり、色々な料理にアレンジも出来る「万能ソース」をご紹介します。冷蔵庫に常備しておくと、とても便利です。

秋口から美味しさを増す「きのこ」。独特の食感と香りを生かして、味わい深い万能ソースと、アレンジレシピを紹介します。

 

「万能きのこソース」をつくろう(調理時間:15分)

材料(4人前)

しめじ  :1束
エリンギ :1本
えのき  :1/2束
A薄口醤油  :大さじ3
Aみりん   :大さじ3
A米酢    :大さじ1
A砂糖    :小さじ1
Aお好みの油 :大さじ2

作り方

【1】きのこを切る

きのこの石突きを外す。
しめじとエリンギは、一口大にカットする。えのきは1/3にカットする

 

【2】きのこを焼く

フライパンに❶を広げて、中火で焼く。
焼き始めたら、あまり触らず焼き色をつけるように焼く。

 

【3】調味料と合わせる。

全体に焼き色がついたら、火を弱めて、Aを全て入る。
弱火で煮詰めて、とろみがついてきたら、火を止める。

 

【4】保存容器に移す

粗熱を取ったら、蓋付きの保存容器に入れる。

ここからはこの「万能きのこソース」を使ったアレンジメニューを2つご紹介したいと思います。

 

「チキンのきのこソース炒め」をつくろう(調理時間:15分)

材料(4人前)

万能きのこソース:大さじ2
鶏モモ肉 :1枚
片栗粉  :小さじ1/2
ピーマン :1個
赤ピーマン:1個
サラダ油 :大さじ1

作り方

【1】2種類のピーマンを切る

2種類のピーマンの種を取り除いて、一口大の乱切りにする。

 

【2】鶏もも肉を切る

鶏モモ肉を一口大に切る。
鶏肉を広げて、片栗粉をまぶす。
ピーマンの大きさと同じくらいの大きさにすると、見た目よく仕上がる。

 

【3】材料を炒め合わせる

よく熱したフライパンに油をひいて、❷を炒める。
焼き色がついたら、❶を入れてざっくりと炒め合わせる。全体に油が回って、ピーマンの断面が少し透明になったら、「万能きのこソース」を入れて、炒め合わせる。
少しとろみがついてきたら、火を止める。

 

【4】盛り付ける

器に盛り付けて、黒胡椒や糸唐辛子を添える。

 

 

「きのこのオムレツ」をつくろう(調理時間:15分)

材料(1人前)

卵         :3個
バター :20g
A片栗粉 :小さじ1
A水   :30cc
B万能きのこソース:大さじ3
B片栗粉     :少々

作り方

【1】卵液をつくる

Aを合わせてよく混ぜ、混ざったところに卵を入れてよく溶く。

Aを先に混ぜておかないと、卵と混ざらないので注意してください。
水を加えることで、加熱中に失われる水分を補うことができ、片栗粉のとろみでふんわり仕上げることができます。

 

【2】半熟オムレツを作る

よく熱したフライパンにバターをひいて、❶を焼く。

「の」の字を描くように、菜箸で大きくゆっくり混ぜる。卵の大きな膜を作っていくイメージで大きく混ぜる。

液体の部分がなくなって、表面が半熟状態になったら、ボウルに取り上げる。
ボウルに取り上げた後も火が入っていくので、少し緩めで取り上げるのがコツ。

 

【3】きのこソースを仕上げる

Bを合わせて、❷で使ったフライパンで煮立てる。
とろみがついたら、火を止める。

 

【4】盛り付ける

❷を器に盛り付け、❸を回しかける。

 

まとめ

皆さんはキノコの種類をいくつご存知ですか?

しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルーム、なめこ…、10種類くらいは挙げられるでしょうか。実は日本にはこれ以外にも、なんと数千種類のきのこが存在し、そのうち約700種以上が食用として知られているそうです。

この万能きのこソースのレシピは、どの種類のキノコを使っても大丈夫です。
今まで料理に使ったことがないキノコでもチャレンジしやすいレシピなので、ぜひお試しください。

 

この記事の著者のプロフィール

夫婦ユニット「てとてと」

「てとてと」とは料理人の井上豪希とライフスタイルデザイナーの井上桃子による、食にまつわる様々な活動をする夫婦ユニットです。紹介&予約制の食事会「てとてと食堂」や料理教室の運営、企業へのレシピ提供、商品開発、ブランディングなども手がけています。

こんな記事も読まれています