パンの美味しさを最大限に引き出す「バルミューダ ザ・トースター」

2020.09.19

iPhone、VRに次ぐ衝撃、バルミューダ ザ・トースター

アプリ、ガジェット・ツール担当の大野です。今回ご紹介する家電製品は、2020年秋にリニューアル販売した「バルミューダ ザ・トースター」です。2015年に初代モデルが発売された商品ですが、いまだに人気を誇っている商品です。私自身今までオーブントースター=安いというイメージで、大体1980円前後で購入できると思っていました。だからこそ、バルミューダ ザ・トースターを初めてみたとき、「高いっ!!!」と強く感じました(笑)。そんな数年前に発売されたバルミューダ ザ・トースターを、あえて今一番最初に紹介するには訳があります。それは、この製品を使ったときに、久しぶりに感動したからです。あまり家電製品を使って「感動する」という言葉が出てくる機会は少ないと思うのですが、私にとってはiPhoneとVRの次に衝撃的で、感動した製品でした。そんな「パンってこんなに美味しいんだ!」と思わせる究極のトースター「バルミューダ ザ・トースター」を今回紹介させていただきます。

細かいシボのマットな塗装で、全体的に高級感を演出

 

高価に見えるが、それに見合う価値はある!

バルミューダ ザ・トースターの価格は、2万3500円前後。一般的に2000円くらいで売られているトースターの市場からすると、10倍以上の価格の差がある。「ただ単に高いだけでしょ?ブランド作りでしょ?」と思っている方は、ぜひ、周りで持っている人に一度使わせてもらってください。私は色々な家電製品を試していますが、この製品ほどわかりやすく味の違いを実感したことはありません。毎日の食生活を豊かにしてくれるこの製品に、それだけの対価を支払う価値は十分にあると私自身は強く思っています。それくらいパンの味が変わる、パンの楽しみ方が変わります。まったく普段と同じパンを食べているのに、食感や香りが大きく変わるのがすぐにわかると思います。味音痴の私がわかるくらいです(笑)。

洗練されたデザインは、一際目を引く

 

「スチームと温度制御」で、パンの美味しさを最大限に引き出す

一体バルミューダ ザ・トースターは何が凄いのか?それは、パンの美味しさを最大限に引き出す技術力にあります。バルミューダ ザ・トースターは、社内行事のバーベキューでの出来事がきっかけで開発がスタートしました。土砂降りの中、決行されたバーベキュー。その時たまたま食パンを炭火で焼いたトーストがとても美味しく出来上がった。「これを再現することはできないか?」と考えはじめ、翌日から製品化に向けて実験の毎日。そして、ようやくたどり着いたのが「スチームと温度制御」することで、その時の美味しさを再現できるというものでした。

トースターとしては珍しく、水を入れる(5cc)給水口があります。スイッチをオンにするとスチームが庫内に充満し、パンの表面は薄い水分の膜で覆われ、パンの水分や油分が逃げないためのコーティングの役割を果たします。水分は空気よりもはるかに早く加熱されるため、パンの表面だけが軽く焼けた状態になり、パンの中の水分やバターなどの油脂成分、香りはしっかりと閉じ込めたまま、焼き上げることが可能になります。
温度管理はパンのやわらかさと風味をよみがえらせるため、60度でデンプンのα化を起こし、そのあとに160度前後のメイラード反応によって食パンの香りや食感を引き出す。そして、炭化が起こる220度ギリギリで加熱を止める。温度管理のプログラムが実行されることで外側のクリスピーなのに、内側は非常に柔らかく、食パンの美味しさを最大限に引き出すトースターが実現しました。製品化まで約5,000枚超のトーストを焼いて、たくさんの失敗の中から生まれたのがバルミューダ ザ・トースターでした。

 

水を入れることでスチームを発生させ、パンの中の水分や油分を封じ込める

 

誰が使っても、究極に美味しく仕上がるトースター

そんなスチームと絶妙な温度制御プログラムによって焼き上がるトーストはまさに絶品です。コンビニで買える普通のパンですら、人気店のパン屋のような味に変わる。これは是非食べ比べてみてください。感動するほど味が違います。しかも、使い方は非常にシンプルで、簡単。誰でも簡単に使いこなすことができます。

誰でも簡単に名店のような味を再現可能

 

コーヒーと一緒にいただくだけで、豊かな朝食が楽しめる

洗練されたデザインに、こだわりが詰まっている。

味以外も楽しませてくれる要素がたくさんあります。まずは全体のデザイン。かなり洗練されていて美しい。細かいシボのマットな塗装で、手触りや色合いは高級感を演出しています。つまみを回している時の「チカチカチカ」という音や、スチームを発生させるための水を入れるミニカップなど、細部に渡るまでこだわりが見え、使っていて非常に心地がいい。

ミニカップもお洒落で可愛い

 

つまみを回した時の感覚がなんとも心地がいい

バルミューダを生かしたレシピ集やHowtoも非常に充実している

 

パン派の人は買うべし

もし朝食を食べる派で、比較的にパンを食べる割合が高い人には、バルミューダ ザ・トースターは最もお勧めする家電製品です。一瞬高いなーと思うかもしれませんが、日々の食生活を豊かにしてくれるこの商品は、買って後悔しないと思います。もちろん、人それぞれ考え方があり「よくない!」と言う人もいるかもしれないのですが、私は自信を持ってお勧めします!(笑)

是非一度試してみてください。

 

 

 
バルミューダ株式会社 バルミューダ ザ・トースター
https://www.balmuda.com/jp/toaster/

この記事の著者のプロフィール

大野泰敬

株式会社キャンプトピア 代表取締役社長

実業家&投資家。企業を経営しながら、複数の企業に出資。また、様々な企業で顧問やアドバイザーなどを務める。ソフトバンクで新規事業、iPhoneマーケティング戦略を手がけのち、一部上場会社で事業責任者を経て独立。IT技術に精通しており、東京オリンピック大会組織委員会アドバイザーなどにも就任。今まで調査したアプリは約30万本を超えるアプリのスペシャリスト。趣味は最新機器で遊ぶことと、キャンプでBBQをすること。

こんな記事も読まれています