お茶漬けをアップデートしよう

2020.08.26

KEY WORD関連キーワード

遅く帰った日や、なんだか物足りないなぁと思った時に、白ご飯に漬物や佃煮をサッと乗っけて、熱々のお茶をかけて食べるお茶漬けは、なんでこんなに美味しいのでしょう。

お茶漬けは、手軽に食べられるのが良いところです。

しかし今回はその真逆。ちょっと手の込んだ、あっと驚くような変わり種の「お茶漬け」を3種類ご紹介します。

おもてなし料理に昇華したお茶漬けを、ぜひお試しください。

 

1. モッツァレラ出汁茶漬け

材料

冷やご飯      :100g
生姜風味の肉味噌  :8〜10g
モッツアレラチーズ :5g程度
合わせ出汁     :200cc

 

作り方

【1】モッツァレラを手で細かくちぎっておく。

【2】手に塩をつけて、白ごはんを100g程度手にとって、中央に❶のモッツァレラと生姜風味の肉味噌を包み、おにぎりを作る。

【3】フライパンで焼き色をつける。

【4】器に盛り付けて、出汁を回しかける。

【5】最後に、紫蘇の花や木の芽を飾り付けて完成。

 

出汁とバターやチーズなどの乳製品との相性は抜群です。

紫蘇の花や、木の芽をアクセントに使って、ワンラランク上のお茶漬けを楽しんでみてください。

 

 

2. チャーハン出汁茶漬け

材料

冷やご飯      :80g
ひき肉       :30g
万能ネギ(小口切り):大さじ2
中華スープペースト :4g

合わせ出汁     :200cc
水溶き片栗粉    :小さじ1

モッツアレラチーズ:お好みで

 

作り方

【1】冷やご飯(80g程度)に卵を入れて、よく混ぜる。

【2】熱したフライパンにゴマ油をひいて、ひき肉を炒める。油が透明になってきたら、❶を入れてパラパラになるまで炒め、中華スープペーストで味を整えて、最後に万能ネギの小口切りを加えて、ざっくり炒め合わせる。

【3】合わせ出汁に水溶き片栗粉を入れて、とろみがつくまで加熱する。

【4】器に❷を盛り付けて、❸を回しかけたら完成。

 

ひき肉とネギだけのシンプルなチャーハンをごま油で仕上げて、ここに片栗粉で少しとろみをつけた出汁をまわしかけます。

ごま油と出汁の香りが食欲をそそります。パラっとしたチャーハンと少しとろみをつけた出汁が絡み合って、口の中でホロホロと解けるようで、最高に美味しいです。

お好みで、チャーハンの下にモッツアレラチーズを仕込んでおくと、さらに感動的な美味しさになります。

芽ネギをそえると、見た目もいいですね。

 

いなり出汁茶漬け

甘く炊いた油揚げで包んだいなり寿司の口を上に向きにおいて、そこにお好みの具材をトッピングしたオープンいなり寿司に、出汁をまわしかけます。

油揚げが限界まで出汁を含むため、噛んだ瞬間に出汁が溢れるジューシーないなり寿司です。

作り方

【1】いなり寿司を作って、口を開いて上向きにおいて、お好みの具材を載せる

【2】器に盛り付けて、出汁を注ぐ

 

具材はお好みで用意してください。意外かもしれませんが、オープンいなり寿司は何を載せても美味しいです。

魚介であればサーモン、帆立、ツナなどがおすすめです。

炒り卵や錦糸卵、たまごサラダなど卵を使った具材もよく合います。

肉であれば、甘辛い味付けをした牛肉のしぐれ煮や、そぼろがおすすめです。

 

 

お茶漬けの豆知識

お茶漬けのルーツは、平安時代に食べられていた「水飯」や「湯漬け」と呼ばれる料理にあると言われています。

ご飯に水やお湯をかけただけの、手軽な食事のことで、昔のファストフードのような位置付けだったようです。

当時、現代のように米を釜で炊いたものではなく、米を甑(こしき)という調理器具で蒸しあげた「強飯(こわいい)」というものが主食だったようです。強飯は硬くて粘り気のないものだったそうで、現代の冷やご飯のような食感だったようです。

ちなみに、現在のように釜や鍋で炊いた米は「姫飯(ひめいい)」といいます。

時代が進んで、江戸時代に入ると、お茶づけは庶民の日常生活に浸透していきます。

江戸時代の頃は、炊飯は一日一回が基本でした。朝にご飯を炊き、夜はお茶を沸かして冷やご飯にかけて食べるというのが庶民の一般的な食生活の様子だったそうです。

この記事の著者のプロフィール

夫婦ユニット「てとてと」

「てとてと」とは料理人の井上豪希とライフスタイルデザイナーの井上桃子による、食にまつわる様々な活動をする夫婦ユニットです。紹介&予約制の食事会「てとてと食堂」や料理教室の運営、企業へのレシピ提供、商品開発、ブランディングなども手がけています。

こんな記事も読まれています