オクラホマ・ジョーズ

2020.08.19

バーベキューアイテム

こんにちはシンジです。

バーベキューで一度は使ってみたいスモーカーグリルの使用方法について書いてみます。

今回のアイテムはこれ、オクラホマジョーズのオフセットスモーカーグリルです。

ご覧の通り、円形のグリルがオフセットされ繋がっています。これにより小さい方のグリルで薪を入れて火力を起こして温度を上げつつ、大きい方のグリルに煙を導き入れスモーク、バーベキューをする。

一台でスモーカー、バーベキューグリルの使い方が出来るアイテムです。

How to オクラホマジョーズ

火のついた炭を小さい方のグリルへ投入して、上に薪をのせる。これは薪に火をつけてスモーク用の煙を出すためです。

ちなみに今回使用した薪は南房総市の椎木。

まず温度を上げるために下に敷いた炭から薪に火を付けて燃やしていきます。

今回、使った薪には水分がまだ少し残っていたので、火力を一気に上げて温度を上昇させ、水分を飛ばしてから温度を下げて安定させました。煙の色を見て薪の残留水分の状態を判断します。

よく煙が青くなってきたら良い火加減だと言われていますが、これは一度見てもらえればわかると思います。

※薪は伐採してから1年以上寝かして水分を飛ばしたものを使用する事が望ましい

グリル内の温度は大きい方のグリルに付いている温度計で温度を確認します。

温度計には目安として「スモーク」「BBQ」「グリル」と温度帯が記載されていて使いやすくできています。念のために外側に書いてある温度が華氏、内側が摂氏です。

向かって右側横面の搔き出し窓を開けて酸素を送り込み、グリルの蓋は小さい方大きい方両方とも閉じておきます。

温度が上がり過ぎたら、小さい方のグリルの蓋を開けて大きい方のグリルの温度を下げます。

スモークバーベキューするには摂氏110度以下の温度を保ちながらバーベキューするのがいいようです。

バーベキュー&スモーク

今回のプランでは小さい方のグリルは専らバーベキュー専用、強火~中火で焼きます。

大きい方のグリルはジックリスモークしながら低温調理します。

と言う訳で猪肉を幾つか調理してみました。

脂身の乗った美味しそうな猪肉です。

小さい方のグリルにこの猪肉を投入してバーベキューしました。

今回はシンプルに塩胡椒で味付けます。

お肉は脂身が上になるように置いて下からの火で焼き上げます。

時々、蓋を開けて肉芯温度計で中心部が適温の63度になるまでバーベキューします。

焼き上がったら切り分けて食べましょう!

もう一つの大きなグリルでは大きな猪肉の塊を投入してスモークバーベキューしましょう。

こちらは低温で時間をかけてじっくりとバーベキューします。

今回は時間短くする都合上100度以下を保ちつつ、1時間スモークしました。

生ハムの様なお肉を作るには70度で4時間位じっくりとスモークするといい按配に出来上がります。

協力:南房総バーベキュー協会

この記事の著者のプロフィール

シンジ

千葉県君津市の田園地帯へ移住し、半アウトドア生活をしながらマッタリと過ごしています。 なんでも自分で作りたくなってしまうDIYオヤジです。 目下、セルフビルドで小さなログハウスを建築中。 食べるものも、手近な材料で簡単に作れる様に心がけています。 よろしくお願いします。

こんな記事も読まれています